★自発リハビリ運動法★

自発リハビリ運動法

  • これまで、脳梗塞による麻痺で手足の運動障害を起こした患者の機能回復のリハビリは、患者の手、足の関節が固くならないようにリハビリを担当する方が患者の手足の関節を回わしたり、曲げたりして患者の意思で動かしていないリハビリがほとんどです。このリハビリですと本人の意思で動かしていないので、筋力も強くなりませんし、手足を動かす神経の回復ものぞめません。当院の開発した自発リハビリ運動法は、これまでのリハビリの考え方とまったく違う、新しい視点からのリハビリです。この自発リハビリ法は、患者が自ら手、足を動かす意思を持って自分自身でリハビリを行うことが出来るので、短期的に筋力、運動機能が回復して、手 足の麻痺が改善される方が多いです。当院の開発した、自発リハビリ運動法を脳梗塞専門の大学病院医学部の医療機関において活用していただいた結果多大な効果が出ております。

脳梗塞による腕、指先の麻痺を回復させる自発リハビリ運動法

※(1)〜(5)の手順で段階的に進めてください。

自発リハビリ運動法

※自発リハビリ運動法の一部です

  •  体験談でこれらのお悩みを解決されたお客様の声をご覧ください。
 

どこに行ってもよくならない方、手術をしなければならない重症の方、一度電話予約の上でご相談下さい。

03-3532-6868にお電話ください