★腰椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症重症患者治療専門コース★

腰椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症重症患者治療専門コース -> 整体治療コース -> ホーム

比嘉式動脈、静脈、毛細血管、リンパ循環矯正 (細胞再生骨格矯正)

(脊柱管狭窄症重症の患者様の体験談)

私は長年、持病の腰痛に悩まされていました。

今年の1月ごろから症状が悪化して、足の引きつり、しびれ、痛みがひどくなり、トイレに行くのも困難になり、寝たきりになりました。1ヵ月後、どうにか杖を使用してトイレに行く事が出来るようになりましたが、家族への炊事、洗濯が出来ず、1日中横になっていました。痛みもひどく寝返りも困難で、あまりの辛さに死をも考えました。それで、病院で検査を受けた結果、病院の先生から「脊柱管狭窄症ですぐに手術をした方が良い」と言われました。「手術を行っても、痛みが引いて歩けるとは保証できないし、寝たきりになる可能性もあります」と言われ途方にくれました。それで親戚の叔父さんに相談した所、「私も脊柱管狭窄症で手術が必要と言われたけれど、勝どき東洋医学専院で治療していただき、完治したよ。」との話を聞き、翌日電話を入れ、勝どき東洋医学専門院に行きました。

比嘉先生は MRI フィルムを見て「かなり脊柱管が狭くなり、腰椎の 4 番、 5 番から出ているヘルニアの出っ張りがひどいですね。それに、仙骨神経節の圧迫もかなりありますね。これなら歩くのも足の痛み、引きつりも辛いですね。かなり重症ですが、当院オリジナルの比嘉式動脈・静脈・毛細血管・リンパ循環矯正で杖なしで歩けるようにしましょう。」と言われました。

すぐに、比嘉先生の治療を受けました。 1 回目の治療終了後、比嘉先生から自宅で行うストレッチ、筋肉強化法を詳しく教えていただきました。 3 回目の治療後、杖無しで自宅で歩けるようになりました。 4 回目の治療後、杖無しで食事の材料を買いに行くことが出来るようになりました。 1 ヵ月後、足の痛み、引きつりがなくなり、杖無しで平気で歩けるようになり、家の炊事・洗濯が出来るようになりました。

私の辛い状況を解決していただき、普通の生活を送る事が出来るようになり、比嘉先生にとても感謝しております。

  佐々木 律子
(院長のコメント)
足の引きつり、しびれ、痛みが取れ、杖を使用せず歩けるようになり、本当に良かったです。
※杖を使用しないと歩けないとお悩みの方、手術をしなければならない重症患者のほとんどの方が完治しております。
お気軽に電話予約の上無料相談を受けて下さい。
(座骨神経痛、脊柱管狭窄症 体験談)

私は中学校の頃から腰が悪く、同時に足のしびれや引きつりに悩まされていました。
それが結婚して子どもを出産した時から、さらに悪化してしまいました。
子供が2歳になる頃には、足に力が入らなくなり、歩くことも困難になり、ついにはほとんど歩けなくなり、トイレにもやっとの思いで行くありさまでした。
寝ていても横になっても、激痛と足の引きつりに悩まされました。
それで整形外科に行きました。
そこで先生から、「座骨神経痛と脊柱管狭窄症がひどく、手術は不可能です。一生病気とつき合っていくしかないです。」と言われ、途方にくれました。

そんな時に友人から、勝どき専門院の事を聞き、わらをも掴む思いで行きました。
そこで比嘉先生に、痛みが激しくて寝ていても横になっていても足が引きつって痛いということ、足に力が入らなくなり杖をついても歩行が困難になっているということ、整形外科からは手術が不可能で一生この病気とつき合わなければならないと言われたこと、等々お話しました。
比嘉先生は、「大変厳しい状況ですけど歩けるようにしましょう。」とおっしゃってくださったので、早速治療をお願いしました。

1回目の治療から痛みが和らぎ、足に少し力が戻ってきました。
2回目の治療の時、比嘉先生に「足のしびれや引きつりがひどくなり、足にも力が入らなくなり、子供を外に遊びに連れて行くことができず、子供にさびしい思いをさせています。ですから来月のこどもの日にディズニーランドに遊びに連れて行きたいのですが大丈夫でしょうか?」とお話したところ、比嘉先生が「大丈夫、行けるようになりますよ。しかし阿部さんもがんばってくださいね。」と言ってくださり、早く子供のためによくなるように頑張ろうという気持ちが強くなりました。
4回目の治療後から、杖なしで電車に乗って治療を受けに行くことができるようになりました。
そしてこどもの日が来る前に、足の痛み、しびれ、引きつりがなくなり、力の入らなかった足の症状がすべてよくなり、子供をディズニーランドに連れて行く事ができました。
今では毎日のように子供と公園で遊んでいます。
本当に比嘉先生には大感謝しております。
ありがとうございました。

  阿部 律子
(院長のコメント)
お子様と一緒に公園で遊べるようになって本当によかったです。
かなり厳しい状況でしたが、本人もよく頑張っていただきました。
当院は手術をしなければならない方、手術をしたいけどできない方、原因が分からずに悩んでおられる方を専門としています。
無料相談を行っておりますので、お気軽に相談にお越しください。
(座骨神経痛、不妊治療 体験談)

私は結婚式を1ヶ月前に控え、持病の座骨神経痛が悪化して足が引きつり、歩く事も座る事も出来ず寝たっきりで途方にくれていました。
親戚友人などに結婚式の招待状を出していたけど、中止にしようかどうか、それと病院で子宮内膜症と卵巣膿腫で子供が出来ないといわれて悩んでいました。
比嘉先生に、結婚式をとりやめた方がよいか、それと子どもが生まれるような体になるかという事を相談しました。
比嘉先生は、「絶対結婚式が出来るように体をなおしてあげるから、結婚式場を断らないで下さい。そして絶対子どもの出来る体にしますよ。」と約束をしてくれました。
早速、比嘉先生に治療をお願いしました。
1回目の治療から、足やおしりの痛みやしびれ、引きつりが楽になってきました。
そして結婚式の当日、ちゃんと普通に歩け、長時間イスに座る事が出来、無事結婚式を終える事が出来、さらに新婚旅行に行く事が出来ました。
そしてさらにうれしい事に、今年の12月に待望の赤ちゃんができます。
私の体をなおしていただき、さらに赤ちゃんまで授かって、私の人生を助けていただき、幸せをいただき、本当にありがとうございました。

  松田 美那子
(院長のコメント)
患者様の人生がかかっていますので、私も必至で患者様と一緒に頑張りました。
無事結婚式も出来、赤ちゃんも授かり喜んでおります。
患者様の体の悩みを解決して、幸せになる事に少しでもお手伝いできる事に喜びを感じております。
(腰椎変性すべり症、座骨神経痛 体験談)

私は第4腰椎変性すべり症と仙骨内の神経等が圧迫を受け、おしりの下から足先までビリッと痛みが走り、しびれと感覚マヒが起こり、歩行するにも困難な状況でした。
そこで整体や病院3軒で治療を受け、ブロック注射、鎮痛剤、点滴注射を受け続けましたが、一向に症状が改善されず、痛みが増々ひどくなり、さらに尿の出も悪くなってきました。
それで、病院から手術をすすめられ、会社に1年の休職届を出し、手術を受ける事にしましたが、医者から手術後、車イスになったり寝たっきりになる可能性が高いし、しびれやマヒは一生取れませんよと言われ、手術を受ける事に躊躇していました。
その時に、友人から、勝どき専門院の比嘉先生の話しを聞き、早速治療を受けました。
1回目の治療から痛みやしびれ、感覚のマヒが緩和され、歩行が楽になってきました。
そしてわずか3週間で足のしびれや痛み、感覚のマヒ、歩行困難が改善され会社に復帰する事が出来ました。
又、1ヶ月半で好きなゴルフが出来るようになりました。
比嘉先生に出会っていなければ、自分の人生はどうなっていたかと思うとゾーっとします。

本当に、比嘉先生ありがとうございます。

  小林 和義  会社役員
(腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、座骨神経痛 体験談)

私は長年腰痛に悩まされ、10年前から足のしびれ、ひきつけがひどくなり、最近では歩行がほとんどできなくなりました。
夜、足が引きつり激痛で眠れず、寝返りをうつことも困難な状況でした。
それで、治療を受けるため、整形外科に行きました。
診断結果は、腰椎すべり症と脊柱管狭窄症、座骨神経痛がひどいので、すぐにすべっている腰椎を金属で固定して椎間板に自分の骨盤の骨を削ってセラミックと混ぜて固定する手術をしなければならないということで、1ヶ月後に手術をする予約をしました。
ところが翌日、友人から同じような手術をして車イスになってしまい途方にくれているとの手紙をもらい、どうしようかと悩んでいる時に、会社の友人から勝どき専門院の紹介を受け、すぐにMRIフィルムを持って相談に行きました。
MRIのフィルムを見て比嘉先生は、「かなり重症ですね。これなら手術をすると車イスになる可能性もありますね。しかし私の開発した仙骨内臓引き上げ骨盤矯正だと、それらの原因を取り除くことができ、症状が改善します。手術を受けなくても大丈夫です。」と言われ、神にもすがる思いで治療をお願いしました。
1回目の治療後、痛いなりにも寝返りができるようになり、足の痛みや引きつりがやわらいできました。3回目の治療後、足を引きずりながらも、歩けるようになりました。
そして1ヶ月後、手術を受ける日に普通の人と同じようになりました。
もし比嘉先生を紹介されず手術を受けて車イスになっていたとしたら、自分の人生はとてもつらい日々を過ごさなければならなかったのかと思うと、背筋が凍る思いです。
本当に比嘉先生ありがとうございました。

  武田 綾子

腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、座骨神経痛 腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、座骨神経痛

患者様のMRIフィルム (施術を受ける前の状況)

(院長のコメント)
本当に良くなってよかったです。
腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、座骨神経痛の原因は、生まれた時点から発生しているのです。
遺伝的に、右側か左側の骨盤がズレているのです。
その為、長年の間傾いた側の臓器が下がり、それに引きずられて体の中心部にある仙骨、大動脈、大静脈、リンパ、神経、大腰筋、小腰筋が骨盤の下方向にズレ下がり、骨盤内の神経、血管、リンパ、臓器が癒着、膠着がおこり、体中に体液、血液が行き渡らなくなるために、骨も椎間板も萎縮し、腰椎を支えている筋肉が、下方向にズレ下がってしまうため、腰椎がスベってしまいます。
そして、これらの原因で、脊椎管に血液や体液が行かなくなり、詰まって脊柱管狭窄症や座骨神経痛になります。
それを改善するのが、当院が開発した仙骨、内臓引き上げ骨盤矯正(アンチエイジング細胞再生矯正)です。
治療を受けた方の患者さんのMRIフィルムを掲載しています。
手術する前にお気軽に当院の無料相談を受けて下さい。
(椎間板ヘルニア 体験談)

私は商社勤務で激務のため、持病のヘルニアが悪化して足のしびれと腰の痛みがひどくなり、仕事にも支障をきたした為に、整形外科でレーザー治療を受けました。
しかし一向に症状が回復せず、再度ほかの病院でレーザー治療を受けました。
ところが、ますます症状が悪化して激痛と足全体の引きつりがひどくなり、歩行も困難となり会社にも行けない状況になりました。
そこで病院に相談に行ったところ、メスを使用しての手術をするしかないうえに、レーザーを2回受けているので車イスになる可能性があると言われ、途方に暮れました。ずっと会社を休むわけにもいかず、どうすればよいか悩んでいました。

そういった時に、近所の人からヘルニア、座骨神経痛専門の勝どき専門院があると聞き、早速相談に行きました。そこで、これまでの状況を説明し、手術するべきかそれとも貴院で治す事ができるのかを訪ねました。
比嘉先生は、「手術はリスクも大きいし、車イスになると一生後悔しますよ」とおっしゃられ、「当院は相川さんのような方を専門にしています。よくなりますよ。」というお言葉をいただき、安心して治療をお願いしました。

1回目の治療から、足の痛み、しびれ、引きつりが楽になり、寝返りもできるようになりました。
3回目の治療後から、足をひきづりながらも歩けるようになりました。
そこで比嘉先生に、治療をしながら会社に出社してもいいかと訪ねると、仕事と治療を並行して行いましょうと言っていただきました。
会社にも最小限の迷惑をかけるだけですみ、1ヶ月で完治する事ができ、現在バリバリ仕事ができるようになり、海外を飛び回っています。
比嘉先生がいなければ、私の将来や体がどうなってたかわかりません。

大変感謝しております。ありがとうございました。

  相川 強
(院長のコメント)
骨を元気にして椎間板を再生していかなければヘルニアはよくなりません。
相川さんが無事に会社に復帰できて喜んでおります。
当院は手術をしても症状が一向に改善されず、痛みに悩まされている方を専門に治療をおこなっておりますので、お気軽に無料相談を受けてください。
  •  ※年齢、症状の状況によって個人差があります。

どこに行ってもよくならない方、手術をしなければならない重症の方、一度電話予約の上でご相談下さい。

03-3532-6868にお電話ください